今話題のクラウドソーシングは1ヶ月でいくら稼げるのか

フリーランスの営業活動を徹底サポート!営業が苦手でも仕事はとれる!

最新の記事

カテゴリー一覧

フリーランスはクラウドソーシングを利用し営業いらず

フリーランスはクラウドソーシングを利用し営業いらず

Pocket

クラウドソーシングとは

最近、フリーランスの人から良く聞く言葉が、クラウドソーシングです。企業に正社員として所属する事が、一昔前は主流でした。しかし、今はインターネットを活用することで、在宅で仕事が出来る時代になりました。フリーランスや、在宅勤務など、働き方も多種多様になってきたのです。そのような新しい働き方をする人に仕事を斡旋するサービスが、クラウドソーシングです。クラウドソーシングは、インターネット上で、個人、企業からの仕事を、不特定多数の個人、企業に仲介するという、WEBサービスです。仕事に関するやりとりは、ネット上で行います。仕事の依頼や打ち合わせも全てインターネットで行う為、働く場所を問わず仕事をする事が出来るのです。(※クライアントによっては、直接会って打合せを行う場合もあるようです)

クラウドソーシングで、どのぐらい稼ぐ事が出来るのか

クラウドソーシングは、仕事をこなした分だけ報酬をもらう事が出来ます。最初の内は、仕事を選ぶよりは、どんな案件でも受けて受注件数を増やす事を目指しましょう。まずは、実績を重ねるのが重要です。
クラウドソーシングの中で、受注件数を増やす事によって、ランキングに入りこむ事ができ、ある程度までランキングの上位に上がる事が出来ると、色々な会社の目に留まる事ができてスカウトしてもらいやすくなります。
その段階までいけば、仕事を選びことも可能になるでしょう。仕事がたくさん取れるようになると、一人ではたくさんの案件をこなすことができなくなります。そこまで受注できるようになったら、仲間とチームを作り、作業分担をすることでさらに受注数を伸ばすこともできるでしょう。
中には、営業時間の40%で、1ヶ月に100万円以上稼ぐ4人のチームもいるそうです。
1ヶ月で一人25万円の報酬を、4割の時間で稼ぐ訳ですから、クラウドソーシングで、生計を立てる事も十分可能なのです。

クラウドソーシングで成功するコツは?

前述のとおり、とにかく最初はどんな仕事でも受けるようにした方が良いでしょう。
しかし、何も考えずにたくさんの仕事を受け過ぎてしまうと、自分の首を締めることにもなるので、注意が必要です。しっかりと完遂できるように、仕事の量は考えながら受けましょう。
また発注者の中には、何度も連絡を取らなければならない人がいます。中には、直接会って話を聞きたいという発注者もいます。時間ばかりかかって、仕事を貰う事が出来ないというリスクもあることに注意しましょう。また、報酬の交渉をする時は、予想外の工程が発生ある場合も考慮しましょう。ギリギリの予算で交渉すると、案件が終わったら赤字だった。という悲惨な状況になるかもしれません。

おすすめ記事ピックアップ

フリーランスが増え続ける?

フリーランスが増え続ける? 終身雇用が主流だった時代は、会社は生涯の生活を守ってくれる場所であり、その会社のために働くということに違和感を抱くこともなかったのかもしれません。しかし、「会社が生活を守ってくれる」という前提が崩れたことにより、社員の会社に対する忠誠心、愛社精神は徐々にうすれ、企業は求心力を失っていきました。優秀な人ほど、「会社のために働く」ということに見切りをつけて、「自分自信のために働く」という道を選びはじめています。 フリーランスが増え続ける?の詳細を見る

フリーランスはエージェントを営業として利用

フリーランスはエージェントを営業として利用 フリーランスにとって営業活動は重要であると同時に、負担にもなります。ひとりで全部こなしてこそフリーランスとはいえ、ひとりでできることには限りがあります。限られた時間、限られた体力、限られた費用の中で、いかに効率よく仕事をとるかが、フリーランスの営業のポイントです。そこで上手に活用したいのがエージェントです。仕事探しだけではなく、スキルアップに関するアドバイスや税務相談など、忙しいフリーランスをあらゆる面でサポートしてくれます。 フリーランスはエージェントを営業として利用の詳細を見る

フリーランス案件の価格設定に必要な知識

フリーランス案件の価格設定に必要な知識 フリーランスとして駆け出しの頃は特に、仕事をとりたい一心で無理な価格交渉に応じてしまうこともあると思います。しかし、一度値段を下げてしまったら、その価格がベースになってしまい、働けど働けど思うような収入につながらないという状況に陥ってしまいます。作業時間、かかる費用などをきちんと把握し、多少の値下げ交渉に応じても利益はきちんと残せるように、シビアな価格設定をすることが大切です。 フリーランス案件の価格設定に必要な知識の詳細を見る

Copyright © 2014 フリーランスの営業活動サポートナビ All Rights Reserved.