会社にロイヤリティを持ちにくくなる時代。フリーランスが増える理由

フリーランスの営業活動を徹底サポート!営業が苦手でも仕事はとれる!

最新の記事

カテゴリー一覧

フリーランスが増え続ける?

フリーランスが増え続ける?

Pocket

求心力を失いつつある「会社」

最近では起業、すなわち会社を興すのが比較的簡単な時代になってきました。フリーランスとして働こうと思えば環境やツールも揃っているため、誰でも簡単に独立する事が出来る時代と言えます。また、近年、会社に対しロイヤリティを持つ事が出来ない人が多くなっているそうです。ロイヤリティとは、誠実・忠義・忠実を意味する言葉で、スペルはloyaltyです。印税や特許権使用料を意味するロイヤリティ(royalty)とは異なります。会社に対し、ロイヤリティを持っていない人が多いという事は、たとえ大企業で働いていたとしても、簡単に辞めてしまう人が増えるという事にもつながります。一昔前までは、大企業に就職できたら、意地でも定年まで働こうと思う人が多かったと思います。これは、大企業に守られているという安定性や安心感だけでなく、会社に対して忠誠心があったからではないでしょうか。しかし、今はどんな大企業にいても、一生安泰かといったら、そうではないのです。簡単に転職する事も出来てしまいます。どこの会社にいても、安定がないのなら、いっそのこと自力で起業してみよう。という人が多くなっているのではないでしょうか。

フリーランスか、会社員か

会社に対してロイヤリティを持ちにくい時代であることは事実ですが、フリーランスが増えている理由はそれだけではないはずです。何らかの成し遂げたいこと、チャレンジしたいことをもっていたり、理想のライフスタイルを手に入れようと独立する人がほとんどでしょう。しかし、フリーランスになった人、全員が成功しているのかといえば、そんなことはありません。一度フリーランスとして起業、独立し、色々な経験をした後に、また、社員として、企業に戻るという人もいます。人には向き不向きがあります。独立してみたものの、自分に経営者は合わなかったという人もいるのです。一度フリーランスになったら、再就職が難しいのではと思っている人もいるようですが、そんなことはありません。むしろ、フリーランスとして多くの経験をし、失敗や挫折感を知っている人の方が視野も広がり、考え方にも柔軟性が増しているだろうという期待感から、フリーランス経験者を歓迎する会社も多い様です。フリーランスから企業へ再就職するパターンは決してネガティブな理由のみではなく、キャリアアップのためにフリーランスを経た後に企業へ戻るという人もたくさんいます。

フリーランスも経験を積んでから

中には、会社勤めの経験を経ずに、最初からフリーランスとして働きだす人もいますが、フリーランスとして成功している人の多くはやはり一度は会社勤めを経験しています。会社勤めをしっかりした人には、社会人としての常識やマナーが身についています。独立すること自体は簡単ですが、フリーランスとして働き続けることは簡単ではありません。スキルや経験、知識をしっかりと身に着けてから独立する方が成功率が高いことは理解に難くありません。

おすすめ記事ピックアップ

フリーランスが増え続ける?

フリーランスが増え続ける? 終身雇用が主流だった時代は、会社は生涯の生活を守ってくれる場所であり、その会社のために働くということに違和感を抱くこともなかったのかもしれません。しかし、「会社が生活を守ってくれる」という前提が崩れたことにより、社員の会社に対する忠誠心、愛社精神は徐々にうすれ、企業は求心力を失っていきました。優秀な人ほど、「会社のために働く」ということに見切りをつけて、「自分自信のために働く」という道を選びはじめています。 フリーランスが増え続ける?の詳細を見る

フリーランスはエージェントを営業として利用

フリーランスはエージェントを営業として利用 フリーランスにとって営業活動は重要であると同時に、負担にもなります。ひとりで全部こなしてこそフリーランスとはいえ、ひとりでできることには限りがあります。限られた時間、限られた体力、限られた費用の中で、いかに効率よく仕事をとるかが、フリーランスの営業のポイントです。そこで上手に活用したいのがエージェントです。仕事探しだけではなく、スキルアップに関するアドバイスや税務相談など、忙しいフリーランスをあらゆる面でサポートしてくれます。 フリーランスはエージェントを営業として利用の詳細を見る

フリーランス案件の価格設定に必要な知識

フリーランス案件の価格設定に必要な知識 フリーランスとして駆け出しの頃は特に、仕事をとりたい一心で無理な価格交渉に応じてしまうこともあると思います。しかし、一度値段を下げてしまったら、その価格がベースになってしまい、働けど働けど思うような収入につながらないという状況に陥ってしまいます。作業時間、かかる費用などをきちんと把握し、多少の値下げ交渉に応じても利益はきちんと残せるように、シビアな価格設定をすることが大切です。 フリーランス案件の価格設定に必要な知識の詳細を見る

Copyright © 2014 フリーランスの営業活動サポートナビ All Rights Reserved.