フリーランス案件の注意点。価格や契約内容について

フリーランスの営業活動を徹底サポート!営業が苦手でも仕事はとれる!

最新の記事

カテゴリー一覧

フリーランス案件の注意点

フリーランス案件の注意点

フリーランスにとって大切なのは仕事をとることですが、苦労してとった仕事をこなしても、その報酬を回収できなければ、すべてが無駄になってしまいます。価格設定と代金回収、契約内容などは、フリーランスにとって自分の身を守るための重要なポイントとなります。特にフリーランスとして駆け出しの頃は、仕事をとりたい一心で、つい安売りしてしまったり、無理を聞いてしまったり、契約をおざなりにしてしまったりする場合があるようです。しかし、フリーランスとして成功するためには、自分の中でゆずれない一線をしっかりと持ち、そこを超える仕事は受けないという強い意志も大切です。

フリーランス案件の注意点の記事一覧

フリーランス案件の価格設定に必要な知識

フリーランス案件の価格設定に必要な知識

フリーランスがつまづきやすい課題が価格設定の問題です。フリーランスの価格相場はあってない様なもの。高すぎては仕事がとれませんし、安すぎても良くありません。適正価格がどこにあるのかを見定めるのがなかなか難しく、悩んでしまう人も多いようです。また、仕事がとれないことはフリーランスにとって恐怖であるため、つい無理な価格交渉にも応じてしまいがちです。その仕事にかかる作業時間を余裕をもってしっかりと見積り、時給を設定して自分の人件費を出したら、その他かかる経費を足します。フリーランスは国民健康保険、国民年金、税金など自分で支払わなければいけないので、その分も忘れず加算しましょう。 フリーランス案件の価格設定に必要な知識

フリーランス案件のトラブルを防ぐ契約方法

フリーランス案件のトラブルを防ぐ契約方法

フリーランスとして働いていると、大小問わずトラブルに巻き込まれることがあります。自分に責任がある場合もあれば、その他の要因で発生するトラブルもあります。特に、対企業である場合、どうしても立場が弱くなるフリーランス。そんなフリーランスがトラブルから自分の身を守るために、必ずおさえておきたい知識が契約関係のことです。契約と言っても、契約書だけではありません。請求書や注文書なども、「契約」に含まれます。契約書はもちろん、取引にまつわる契約内容はシビアに確認する癖をつけましょう。契約書をきちんと読まない事で、起こりえるトラブルもあります。 フリーランス案件のトラブルを防ぐ契約方法

フリーランスがクライアントに支払いを催促する方法

フリーランスがクライアントに支払いを催促する方法

仕事をして、報酬を貰う事は当たり前と思うかもしれませんが、フリーランスで働いていると、報酬の支払いが遅かったり、支払ってくれなかったりという支払にだらしないクライアントにあたることもあるでしょう。いくら働いても回収ができなければ何の意味もありません。支払って貰う為には、ちょっとした工夫が必要になる場合があります。それでも支払ってくれない場合には、今後の自分自身の為に、クライアントとの関係を見直す事が必要です。
代金の回収ができないクライアントは、クライアントではない。という認識を持つことが重要です。 フリーランスがクライアントに支払いを催促する方法

フリーランスも消費税をもらわなければならない理由

フリーランスも消費税をもらわなければならない理由

年間の売り上げが1000万円を超える事業主は顧客から預かった消費税も納付しなければなりません。では1000万円を超えないうちは消費税は請求しなくても良いのかいえば、そうではなく、1000万円を超える事がなくても、消費税は請求しなければなりません。中には、個人事業主なのに、消費税を請求するのか。というクライアントもいるかもしれませんが、消費税は国で定める税金です。堂々と、消費税も請求しましょう。ただし、提示価格が内税なのか外税なのかは注意が必要です。外税請求する場合は、見積提示の時点できちんと明記することがトラブル回避のポイントです。 フリーランスも消費税をもらわなければならない理由

おすすめ記事ピックアップ

フリーランスが増え続ける?

フリーランスが増え続ける? 終身雇用が主流だった時代は、会社は生涯の生活を守ってくれる場所であり、その会社のために働くということに違和感を抱くこともなかったのかもしれません。しかし、「会社が生活を守ってくれる」という前提が崩れたことにより、社員の会社に対する忠誠心、愛社精神は徐々にうすれ、企業は求心力を失っていきました。優秀な人ほど、「会社のために働く」ということに見切りをつけて、「自分自信のために働く」という道を選びはじめています。 フリーランスが増え続ける?の詳細を見る

フリーランスはエージェントを営業として利用

フリーランスはエージェントを営業として利用 フリーランスにとって営業活動は重要であると同時に、負担にもなります。ひとりで全部こなしてこそフリーランスとはいえ、ひとりでできることには限りがあります。限られた時間、限られた体力、限られた費用の中で、いかに効率よく仕事をとるかが、フリーランスの営業のポイントです。そこで上手に活用したいのがエージェントです。仕事探しだけではなく、スキルアップに関するアドバイスや税務相談など、忙しいフリーランスをあらゆる面でサポートしてくれます。 フリーランスはエージェントを営業として利用の詳細を見る

フリーランス案件の価格設定に必要な知識

フリーランス案件の価格設定に必要な知識 フリーランスとして駆け出しの頃は特に、仕事をとりたい一心で無理な価格交渉に応じてしまうこともあると思います。しかし、一度値段を下げてしまったら、その価格がベースになってしまい、働けど働けど思うような収入につながらないという状況に陥ってしまいます。作業時間、かかる費用などをきちんと把握し、多少の値下げ交渉に応じても利益はきちんと残せるように、シビアな価格設定をすることが大切です。 フリーランス案件の価格設定に必要な知識の詳細を見る

Copyright © 2014 フリーランスの営業活動サポートナビ All Rights Reserved.