フリーランスとして成功するために大事なこととは?

フリーランスの営業活動を徹底サポート!営業が苦手でも仕事はとれる!

最新の記事

カテゴリー一覧

フリーランスはオフの時間が大事

フリーランスはオフの時間が大事

Pocket

オフタイムを設けて体調管理することが大事

フリーランスになると、仕事のオン・オフが明確でなくなる人が多くなります。仕事を請け負えばその分収入が増えますし、どこでも作業ができるので生活にメリハリがなくなってしまうのです。
会社勤めが長かった人は急な生活リズムの変化に対応できず、休日を設けるつもりが気づいたら30日間ずっと働いていた、というような人もいます。1日のうちに休んでる時間があるから平気だろうと思っていても、しっかり意識して休むようにしないと、知らず知らずのうちに疲労がたまり、身体が悲鳴をあげてしまいます。体調を崩してしまうと納期に間に合わなかったり、打ち合わせに参加できなくなってしまったりするなど、結果的にクライアントに迷惑をかけてしまうことがあるでしょう。フリーランスの場合、1度のミスが今後の仕事へ大きく影響するため、このようなトラブルを起こさないようにすることが大事です。慣れないうちは休んでいてもついつい仕事のことを考えてしまうかもしれませんが、できるだけリフレッシュできるように過ごすことを意識してください。

オフの時間の作り方

同じフリーランスでも、仕事の内容によってオフの時間の作り方は変わります。 クライアントとの打ち合わせがあったり、土日に会社に訪問しなければならなかったりして、スケジュールが不規則になってしまうのがフリーランスの働き方の特徴です。しかし、そのような不規則なスケジュールであっても、必ず週1日以上は休日を作ると決めてしまいましょう。もし休息日として設定していた日に仕事が入りそうな場合は、予定を決めるときに避けてもらったり、翌日をお休みにしたりするなどバランスを取ってみてください。
また、スポーツのようにオンシーズン・オフシーズンを設けてしまうのも良いでしょう。1~2ヶ月みっちり働くことになってしまったら、長期休暇として次のシーズンは仕事の量を減らす、比較的簡単なプロジェクトを請け負う、というようにすると良いかもしれません。
どうしても休日に仕事のことを考えてしまうという人は、1日のうちに仕事をしない時間を設けてみましょう。一般的な会社員は1日8時間程度の勤務ですが、丸1日以上の休日がない分、労働時間はこれ以下に設定した方が良いかもしれません。

オフの時間の使い方

せっかく休日を設けても、リフレッシュできなければ無駄に時間を過ごした気分になってしまうでしょう。オフの時間を有効に使うには、どのような過ごし方が良いのでしょうか。
趣味を持っていると、それをする時間を確保するためにメリハリをつけて働けるという人が多いようです。特に複数人で集まってやるような趣味だと、みんなが集合する時間に合わせて仕事を行うようになるという話も。そういった趣味では交友関係も広がり、新たな視点や情報を得る機会にも恵まれるようです。
休日は混んでいる場所でも、平日はガラガラであることも珍しくありません。やりたいことにチャレンジしやすい状況だと言えるでしょう。新しいことをして刺激を受けると、仕事に活かせることもあるようです。
休日を楽しむなら、マッサージや温泉に行くというような王道のリラックス方法もおすすめですよ!パフォーマンスを最大限に発揮するためにも、メリハリのある生活を送りましょう。

おすすめ記事ピックアップ

フリーランスが増え続ける?

フリーランスが増え続ける? 終身雇用が主流だった時代は、会社は生涯の生活を守ってくれる場所であり、その会社のために働くということに違和感を抱くこともなかったのかもしれません。しかし、「会社が生活を守ってくれる」という前提が崩れたことにより、社員の会社に対する忠誠心、愛社精神は徐々にうすれ、企業は求心力を失っていきました。優秀な人ほど、「会社のために働く」ということに見切りをつけて、「自分自信のために働く」という道を選びはじめています。 フリーランスが増え続ける?の詳細を見る

フリーランスはエージェントを営業として利用

フリーランスはエージェントを営業として利用 フリーランスにとって営業活動は重要であると同時に、負担にもなります。ひとりで全部こなしてこそフリーランスとはいえ、ひとりでできることには限りがあります。限られた時間、限られた体力、限られた費用の中で、いかに効率よく仕事をとるかが、フリーランスの営業のポイントです。そこで上手に活用したいのがエージェントです。仕事探しだけではなく、スキルアップに関するアドバイスや税務相談など、忙しいフリーランスをあらゆる面でサポートしてくれます。 フリーランスはエージェントを営業として利用の詳細を見る

フリーランス案件の価格設定に必要な知識

フリーランス案件の価格設定に必要な知識 フリーランスとして駆け出しの頃は特に、仕事をとりたい一心で無理な価格交渉に応じてしまうこともあると思います。しかし、一度値段を下げてしまったら、その価格がベースになってしまい、働けど働けど思うような収入につながらないという状況に陥ってしまいます。作業時間、かかる費用などをきちんと把握し、多少の値下げ交渉に応じても利益はきちんと残せるように、シビアな価格設定をすることが大切です。 フリーランス案件の価格設定に必要な知識の詳細を見る

Copyright © 2014 フリーランスの営業活動サポートナビ All Rights Reserved.